ミュージアム展示品

まだ動く、ゼンマイ仕掛けのメリーゴーランド

20170104

バンダイミュージアムの沢山のおもちゃのコレクションの中で、イギリスのロンドン・トイミュージアムからやってきたいくつかのおもちゃの中には、ゼンマイ仕掛けでまだしっかりと動くものがあります。 1910年製のドイツのミューラーアンドカーデター社製のこのおもちゃは、全体がブリキ製で、塗装はもう剥げてい...

>>詳細を見る

昭和天皇が御幼少のころ遊んだおもちゃ

20161228

バンダイミュージアムの沢山のおもちゃのコレクションのなかで、日本の皇室に関係するおもちゃがあります。 それが、この『車に乗ったラッパ吹き』のおもちゃです。 1910年製のドイツのレーマン・グロス・バーン社製で、これと同じおもちゃで昭和天皇が御幼少のときに遊ばれたそうです。 全体はブ...

>>詳細を見る

おもちゃになった動物たち

20161130

おもちゃのまちバンダイミュージアムでは、この冬の企画展として『おもちゃの動物王国』と題し企画展を開催中です。(2017年1月29日まで開催) いつの時代でも子供たちの大好きな動物たちは、さまざまな形の“おもちゃ”や“ぬいぐるみ”に姿を変えて、子供のみならず大人にも“遊びの道具”や“お友だち”と...

>>詳細を見る

100年も前の自販機から景品をゲット!

20161123

おもちゃのまちバンダイミュージアムの受付横に三角屋根の小屋のような小さな自販機(?)のようなものが置いてあります。 この小屋の窓をのぞくと、怪しげな魔女と可愛い少女、その横に猫がいます。 この機械(?)のようなものは、実は1910年代に製作されたチョコレート自販機なのです。 当時はコイン...

>>詳細を見る

本物のスチームエンジンが付いている、戦艦ラプラタ

20161116

おもちゃのまちバンダイミュージアム内のワールド・トイ・ミュージアム内にある船舶模型の中で、大変レアで自慢品の一つがこの『戦艦ラプラタ』です。 今から約140年前にドイツのニューリュンベルグにあったシュエンナーという会社が作った船舶模型で、2個のライブスチムーエンジンが搭載されており、アルコール...

>>詳細を見る

2メートルの長さの模型、クイーンメリー号

20161109

おもちゃのまちバンダイミュージアム内のワールド・トイ・ミュージアム内に長さ2mの豪華客船模型が展示されています。 1935年製のイギリスの豪華客船クイーンメリー号の木製模型で、ラジオコントロールにより実際に水に浮かべて巡航することができました。 模型全体、細部にわたり忠実に再現されており...

>>詳細を見る

ちょっと変わった西洋のおもちゃ ノアの方舟

20161102

おもちゃのまちバンダイミュージアム内のワールド・トイ・ミュージアムには、ちょっと変わったおもちゃの『ノアの方舟』が展示されています。 1880年代にドイツで作成された、長さ約1mの『ノアの方舟』のおもちゃで、これがおもちゃなの?と首をかしげたくなる逸品です。 ノアの方舟は、ノアと彼の家族...

>>詳細を見る

ブリキの車の中でも超レアなクライスラー

20161026

おもちゃのまちバンダイミュージアムには、約2000のブリキの車を所蔵していますが、 その中でも超レアな一品を紹介いたします。 1962年にアサヒ玩具から発売された『クライスラーインペリアル』です。 全長約40cmの大きなこのブリキの車の特徴は、フロントの凝ったデザイン、リアにセット...

>>詳細を見る

子供用に作られたキャデラック・オープンカー

20161019

おもちゃのまちバンダイミュージアム内のワールド・トイ・ミュージアム入口付近に、これがおもちゃ?と言いたくなってしまうキャデラック・オープンカーが展示されています。 この1/4サイズのキャデラック社特製モーターカーは、1916年にキャデラック社から タイの王子(後のラマ6世)に贈られたもの...

>>詳細を見る

高級感あふれる華麗な人形ビスクドール

20161012

おもちゃのまちバンダイミュージアムには、19世紀末から20世紀初頭にかけて作られた、ヨーロッパの人形がたくさん保管及び展示されています。 中でも『ビスクドール』は高級感があふれる人気の高い人形です。 『ビスクドール』は高温で素焼きをした後、彩色し、低温でもう一度焼き上げたもので、人肌に近...

>>詳細を見る

Museum Diary