ミュージアム展示品

幸福時代

20170802

今回、ご紹介するコレクションはゼンマイ仕掛けのブリキ玩具です。 メーカーの「倉持商店」は戦前よりブリキ玩具を製作しており、その精巧なつくりと色使いにより海外でも高い人気を誇っていました。 当館のコレクションは「幸福時代」は、当時のヨーロッパへの輸出用に作られたものであり、「ヨットを手にし...

>>詳細を見る

テレスコーピックビュー

20170726

今回、ご紹介するコレクションは、テレスコーピックビューと呼ばれる今から180年程前の3D絵本の一種です。 風景の遠近を幾重にも分けて作成し、奥行きを持って配置する事でその場にいるような雰囲気が再現されております。 当館のコレクションでは、1838年に行われたビクトリア女王戴冠式の華やかな...

>>詳細を見る

ビリヤードプレイヤー

20170719

今回、ご紹介するコレクションは1920年代にヨーロッパを中心にビリヤードブームが起こった時代のブリキ玩具になります。 ビリヤードブームが起こると玩具メーカー各社よりビリヤードのおもちゃが発売されました。当館のコレクションは、ドイツ・ゲオルク・レヴィ社製で、向かい合った男性2人が、交互に玉を打ち...

>>詳細を見る

初公開展示蒸気機関車その3、ロケット号

20170705

おもちゃのまちバンダイミュージアムの初公開蒸気機関車の中から、今回は『ロケット 号』を紹介します。 源機は、1829年ロバート・スティーヴンソン制作の蒸気機関車で、世界初の旅客鉄道に使用された機関車になります。当時イギリスのリバプール・アンド・マンチェスター鉄道にて同鉄道を走る機関車を選...

>>詳細を見る

初公開展示蒸気機関車その2、プリンセス・オブ・ウエールズ号

20170621

おもちゃのまちバンダイミュージアムの初公開蒸気機関車の中から、今回は『プリンセス・オブ・ウエールズ号』を紹介します。 イギリス王子のことを「プリンス・オブ・ウエールズ」といいますが、王子の妃は「プリンセス・オブ・ウエールズ」とよばれます。 この機関車はその名が付けられ、名前のように優雅で...

>>詳細を見る

初公開展示蒸気機関車その1、ロイヤル・スコット号

20170614

おもちゃのまちバンダイミュージアムでは所蔵品の中から、これまで公開していなかった数多い海外の蒸気機関車の一部(約50両)を、6月から公開することになりました。 今回はその中でも大型の機関車を紹介します。 『ロイヤル・スコット号』はロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道(LMS...

>>詳細を見る

とても珍しい外国の蒸気機関車の展示

20170607

おもちゃのまちバンダイミュージアムでは、蒸気機関車の父である「スティーブンソン」の作った『ロケット号』からイギリス最後の蒸気機関車『イブニング号』をはじめ、約40両のこれまで公開していなかった、外国の蒸気機関車模型の展示をはじめました。 機関車トーマスで有名な蒸気機関車の国、イギリスをはじめフ...

>>詳細を見る

新しくなったジャパントイ展示

20140405

おもちゃのまちバンダイミュージアム内にあるジャパントイミュージアムがリニューアル しました。 展示おもちゃのカテゴリーと世界観の違いを明確にするために、今回大きく4つのエリアに区切られた展示となっています。 1.エントランス(パネル展示) ここには『バンダイのおもちゃの歴史』...

>>詳細を見る

新しくなったスーパー戦隊シリーズ展示がすごい!

20170322

おもちゃのまちバンダイミュージアムでは、これまで歴代のスーパー戦隊シリーズ展示を、集合歴代合体ロボットと歴代レンジャーフィギュア・武器と別々にしていましたが、今回ミュージアムメーンホールに『歴代スーパー戦隊シリーズコーナー』を新設し全てを集結させました。 新設コーナーのセンターには、これまた新...

>>詳細を見る

これはおもちゃ? 精工な消防車模型

20170315

おもちゃのまちバンダイミュージアムの数々の展示品のなかで、今回は19世紀末に作られた消防車の模型を紹介します。 1888年型のイギリスの蒸気消防車を模型にしたもので、車体から車輪も含め実際の消防車を構成する金属部分は金属で、木材の部分は木材を使用した極めて精巧に1/12のサイズで再現された大変...

>>詳細を見る

Museum Diary