フロントの看板熱帯魚 “やこうさん”

2015.12.02

皆さまこんにちは!
今回は、ミュージアムのフロントに来た人が1回は驚くこのお魚!!
通称ブラックゴースト「やこうさん」を紹介したいと思います。
ちなみに名前は、夜行性なので「やこうさん」とスタッフが名付けました。
大体ミュージアムに来て2年くらい。
当初は、8㎝くらいだったのが、どんどん大きくなり今では、20㎝以上あります!!
南米の暖かい所で生まれたお魚なので、水温は、ヒーターで26度に設定しています。
見た目は、一見なまずに見えるのですが、電気うなぎの仲間になり微弱ですが電気を発生させています。
とても活発で、水槽のそうじをする時一旦違う場所に移すのですが、ヒュルヒュルと動き回りつかまえるのに一苦労したりもします。(笑
移す時に素手で触ると人間の体温が熱すぎてやけどしてしまうのでビニール手袋などをして捕まえます。
なかなか博物館でお魚を飼っている所は珍しいので、よくお客さんには本物なの!?
と驚かれます。
スタッフ全員やこうさんと長年いるのでとても可愛いです。
朝、夕のエサの時間には、エサあげた?と必ず確認しあいます。
(ちなみにやこうさんは、エサの袋を取るだけでツボから出てきてエサ待ちをしています。笑)
夜行性なので昼間は、水槽のツボに入っている事が多いですが、運が良いと出てきてくれる事も!
ぜひ来館された際は見てあげてくださいね。

やこうさん

スタッフF

Museum Diary