ミュージアムスタッフ今週のピックアップ情報

他県の人にも人気“レモン牛乳”

20160810

栃木県民のソウルドリンク『レモン牛乳』をご紹介します。 正式名称は『関東・栃木レモン』と言い ご当地牛乳として栃木県で有名な牛乳です。 果汁は入っていませんが、栃木県産の生乳に砂糖や レモン香料などが加えられ、レモン風味・レモン色の牛乳となっています。 甘さの中に甘酸っぱさが香る、初めて飲...

>>詳細を見る

大人も子供も大好きな栃木県を走るSL 真岡鉄道

20160803

栃木県東部を南北に走る真岡鉄道は、ローカル鉄道ファンに人気の鉄道です。 通常はローカル鉄道として地元の人々の生活の足となっていますが、土曜・日曜は、いまでは大変珍しいSLが走ることで人気を呼んでいます。 運行区間は下館駅ー茂木駅で、所要時間は約1時間30分です。 1年を通じて毎週土...

>>詳細を見る

無一文から富豪になったエジソン そのきっかけは

20160727

電気投票集計機(特許第1号)の売込みに失敗し、無一文になった22歳のエジソンはニューヨークに出ていき、ウォール街にある相場電信会社に就職しました。その会社でエジソンは株式相場の電信表示機に目をつけたのです。 株式相場にとって生命線ともいえる電信相場表示機は欠陥が多く、さっそく彼はその改良に取り掛かり...

>>詳細を見る

大失敗のエジソンの特許第1号

20160720

これまで、大発明家エジソンの発明品についていくつか紹介いたしましたが、今回はエジソンが初めて特許を取った発明品を紹介いたします。 彼が21歳のとき電信技術が得意であったエジソンは、その技術から一つの アイデアを思いつき、『電気投票記録機』を考案し特許申請をしました。 これが彼の特許...

>>詳細を見る

栃木県で一番小さな町の広大なひまわり畑

20160713

おもちゃのまちから車で約40分ほど南に行くと、栃木県の最南端の町、野木町に入ります。 この県最南端の町は県内の市町のなかで一番小さな町で、面積は約30㎢ 人口は約2万5千人(因みにバンダイミュージアムのある壬生町は面積 約61㎢・人口約3万9千人)です。 この小さな町でも季節...

>>詳細を見る

Museum Diary