ミュージアムスタッフ今週のピックアップ情報

無一文から富豪になったエジソン そのきっかけは

20160727

電気投票集計機(特許第1号)の売込みに失敗し、無一文になった22歳のエジソンはニューヨークに出ていき、ウォール街にある相場電信会社に就職しました。その会社でエジソンは株式相場の電信表示機に目をつけたのです。 株式相場にとって生命線ともいえる電信相場表示機は欠陥が多く、さっそく彼はその改良に取り掛かり...

>>詳細を見る

大失敗のエジソンの特許第1号

20160720

これまで、大発明家エジソンの発明品についていくつか紹介いたしましたが、今回はエジソンが初めて特許を取った発明品を紹介いたします。 彼が21歳のとき電信技術が得意であったエジソンは、その技術から一つの アイデアを思いつき、『電気投票記録機』を考案し特許申請をしました。 これが彼の特許...

>>詳細を見る

栃木県で一番小さな町の広大なひまわり畑

20160713

おもちゃのまちから車で約40分ほど南に行くと、栃木県の最南端の町、野木町に入ります。 この県最南端の町は県内の市町のなかで一番小さな町で、面積は約30㎢ 人口は約2万5千人(因みにバンダイミュージアムのある壬生町は面積 約61㎢・人口約3万9千人)です。 この小さな町でも季節...

>>詳細を見る

日本最古の学校 足利学校

20160706

栃木県南部にある足利市に日本最古の学校と言われる『足利学校』があります。 この『足利学校』の創建は奈良時代説・平安時代説・鎌倉時代説など諸説あり明確ではありません。但し歴史的に明らかになっているのは1439年(室町時代)に関東管領であった上杉憲実(うえすぎのりざね)が、書籍を寄贈(現在国宝)し...

>>詳細を見る

音を初めて記録した男エジソンと蓄音機

20160629

大発明家トーマス・エジソンの三大発明と言えば、白熱電球・蓄音機・映写器が有名ですが、今回はその中の蓄音機についてお話ししましょう。 蓄音機の発明の前にエジソンは電話機の開発に力をいれていました。 しかし電話機はかの有名なグラハム・ベルによって1876年特許を取得され、電話機開発競争に敗れ...

>>詳細を見る

Museum Diary