近代産業遺産 野木町煉瓦窯

2017.08.23

おもちゃのまちバンダイミュージアムから南に車で約40分のところ、栃木県の南端に野木町があります。

この野木町に今でも残る、レンガ造りの丸い形の変わった建物があります。

これは、旧下野煉化製造会社煉瓦窯(通称、野木町煉瓦窯)で、1890年(明治23年)から1971年(昭和46年)まで、たくさんの赤煉瓦を生産してきました。

この窯の形はホフマン式(ドイツの技術者の名)といわれ、内部は16の窯室に分かれ、1つの窯で1回に約17000本、すべての窯を連続して稼働させた場合にはおよそ27万本の赤煉瓦を生産することができました。

1979年に国の重要文化財に指定され、2007年には『近代化産業遺産群』の一つに選定されています。

昨年の2016年5月に修復工事が完了し、現在一般公開され内部も見ることができます。

見学料は大人100円ですので、興味のある方は是非見学してみてください。

スタッフO

Museum Diary