宇都宮市民の憩いの場、八幡山公園

2017.09.08

宇都宮の中心部に位置する八幡山公園には、市内を一望できる宇都宮タワー、そしてゴーカートや動物舎など子供から大人まで楽しめる施設が揃い、また花の名所と知られ、お花見のシーズンになると沢山の来場者で賑わいます。

 

広大な施設の中には、江戸時代に宇都宮城の守護神として建てられ誉田別命(ほんだわけのみこと)を祀り、八幡山公園の名前の由来でもある塙田(はなわだ)八幡宮と、江戸時代後期の儒学者である蒲生君平(がもうくんぺい)を祀った蒲生神社があり、日本庭園を楽しみつつゆったりとウォーキングするのもオススメです。

晴れた日には宇都宮タワーの展望台からスカイツリーも見えるとの事ですので興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

スタッフS

Museum Diary