栃木市観光の拠点 とちぎ山車会館

2018.02.21

おもちゃのまちバンダイミュージアムから車で30分、となり町栃木市は「蔵の街とちぎ」として、東京をはじめ近隣の県から多くの観光客が訪れ、古くから残る土蔵の街並み散策を楽しんでいます。

その、「蔵の街とちぎ」の観光の拠点となるのが、今回紹介します「とちぎ山車(だし)会館」です。

栃木の街では二年に一度「とちぎ秋まつり」が開催され、その際に9台の大きな山車が街中に繰り出されます。

この、「とちぎ山車会館」には祭りに繰り出される山車のうち3台が展示されています。

館内では大型ビジョンで秋祭りの様子が上映され、祭りの臨場感を味わうことができます。

「蔵の街とちぎ」にいらした際には、まずはこの「とちぎ山車会館」の見学をお勧めします。

スタッフO

Museum Diary