栃木市観光の代表的風景 塚田歴史伝説館

2018.02.28

「蔵の街とちぎ」の代表的風景と言えば、ここ「塚田歴史伝説館」の長く連なる黒塀と脇を流れる「巴波川(うずまがわ)」の風景でしょう。

この「塚田歴史伝説館」は江戸時代の後期から木材回漕問屋を営んできた豪商の蔵で、現在では一般の観光客の人たちに開放され、かつての栃木と江戸を結ぶ木材流通の拠点でありました。

現在この館はいくつかの蔵で構成され、中に入るとロボット(結構リアル)な「三味線おばあさん」が出迎え館の説明をしており、奥の蔵では『うずま川悲話』という伝説に基づいた芝居が大掛かりな装置で上演されます。

そのほか館内にはかつて使われていた道具や家具類の他、『からくり人形山車(だし)』など見どころも多く、当時の豪商の様子を伺い知ることができます。 とちぎ市観光にきた人たちは必ず訪れる施設の一つです。

スタッフO

Museum Diary