いまが見頃、市貝の芝ざくら公園

2018.04.18

栃木県県央東部、北関東自動車道宇都宮上三川ICから40分のところに市貝町芝さくら公園があります。

この公園は2006年に開設され、それまで芳那の水晶湖と呼ばれた、塩田調整池を掘り起こした際、盛られた残土の上に造られた公園で、約8ヘクタールの園地のうち2.4ヘクタールに芝ざくらが植えられています。

この360度広がる芝桜のじゅうたんの広さは本州最大級で、展望台から見渡す、いろとりどりのパッチワークの光景は圧巻です。

植えられている芝ざくらの数は約25万株で、毎年この時期には『芝ざくらまつり』が開催され、今年は4月7日~5月6日まで開催されています。

ぜひ広大なピンクのじゅうたんを楽しんでください。

スタッフO

Museum Diary