約半世紀の時を経て復活した SL大樹(だいじゅ)

2018.05.02

栃木県の観光名所である日光・鬼怒川エリアに平成29年8月より、蒸気機関車(SL)が復活運行されています。 名前は『SL大樹』で機関車の形式はC11型、鉄道のお好きな方はご存知と思いますが、C11型のCは機関車の動輪が3つの意味を表しており、この機関車のエンブレムは日光東照宮の徳川家の家紋『三つ葉葵』をイメージした動輪3つをデザインしています。

運行は下今市駅から鬼怒川温泉駅の間を約35分かけて走ります。

運行日は土・日曜・祝日を中心に運転されています。

さらに、下今市駅と鬼怒川温泉駅には機関車の方向転換をする、転車台広場があり、方向転換を見学することもできます。

鉄道ファンにはたまらないアトラクションであり、非常に人気の高いものとなっています。 行楽シーズンは予約を取ることは難しいですが、是非一度SLの旅を楽しんでみてください。

スタッフO

Museum Diary