分福茶釜のお寺茂林寺(もりんじ)

2018.06.27

おもちゃのまちバンダイミュージアムがある栃木県、この栃木県南部に隣接する館林市(群馬県)に昔話『分福茶釜』のいわれのお寺『茂林寺』があります。 『分福茶釜』といえば誰しも一度は耳にしたことがある昔話ですが、このお話にはモデルがあり、それが今も現存するこの『茂林寺』です。 東武伊勢崎線のその名も『茂林寺前』駅から徒歩10分のところにあり、1426年に開山した曹洞宗のお寺です。

山門をくぐると、さまざまな姿をしたタヌキの像が22体左右にならんでおり、タヌキに縁があるお寺とすぐわかります。

ちなみに茂林寺には、昔話になった伝説に登場する『茶釜』とされるものが現存しており、拝観することも可能です。

一度、『分福茶釜』のお話を読んで、このお寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

スタッフO

Museum Diary