来てみて!喋って!栃木弁1

2015.12.30

今回は栃木弁について紹介したいと思います。栃木弁の最大の特徴は、尻上がり調のイントネーションを多用する事です。

例えば「〇〇だべぇ~」や「○○さぁ~」「○○すっぺぇ~」などです。

あとは、語尾がのびたり、「濁点」に変化する場合もあります。

ではでは、少しですがその例をご紹介したいと思います!!

標準語       栃木弁

大丈夫   →   だいじ

うしろ    →   うら

この2つはよく使われています。

特に「大丈夫→だいじ」は「だいじ」を「大事」と勘違いされてしまう事が多いです。

その他にも

出会う       →    いきあう

雷       →   らいさま

いらいらする  →   いじやける

終わらせる     →   おわす

折る        →   おっかく

帰る        →   いってみる (例)そろそろいってみます

などもあります。

ここには書ききれませんでしたが、まだまだ栃木弁はたくさんあります。

栃木県民の私にも分からないものがちらほら・・・(笑)

もし知りたい場合はミュージアムのスタッフに聞いてみてね!

おもしろい話が聞けるかも・・・?

スタッフY

Museum Diary