200年の時空を超えて再現された大名料理

2018.12.19

おもちゃのまちバンダイミュージアムのある栃木県壬生町では、今年から「壬生お殿様料理」と題して、200年前の大名料理プロジェクトが発足しました。

近年発見された壬生藩四代目藩主鳥居氏の「御献立帳」、その歴史に裏付けされた献立をもとに、現代風に新たに考案されたのが「壬生藩鳥居家三万石の大名料理」。

現在はこのプロジェクトに参加している町内の5店の飲食店で提供されています。

この大名料理は以下の三か条に準じた料理として、各店の個性を活かしながら新に開発されました。

 

1、御献立帳を元に再現若しくは現代風にアレンジした料理であること。

2、壬生町産の食材を生かした料理であること(干瓢、牛蒡、豆腐の使用を推奨)

3、城下町壬生を感じさせる料理及び名称であること。

 

豊かな食材のなかにヘルシーかつ遊び感覚のアレンジのあるお洒落な料理が並びます。壬生町の歴史を「食」で体感してみませんか。

スタッフO

Museum Diary