初公開展示蒸気機関車その1、ロイヤル・スコット号

2017.06.14

おもちゃのまちバンダイミュージアムでは所蔵品の中から、これまで公開していなかった数多い海外の蒸気機関車の一部(約50両)を、6月から公開することになりました。

今回はその中でも大型の機関車を紹介します。

『ロイヤル・スコット号』はロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道(LMS)で1927年に急行列車用として導入された機関車です。

日本の蒸気機関車では見られない明るい茶色のボディーで、力強く優雅なイメージをかもしだしています。

展示している模型は長さ2.6mあり、本物そのもののボリューム感があります。

機関車の運転台横に書かれているNo6100のナンバーから、実車は1933年に「進歩の20世紀」と言うテーマで、シカゴ万博に展示されました。

スタッフO

Museum Diary