ミュージアムスタッフ今週のピックアップ情報

真田父子 犬伏(いぬぶし)の別れの地

20180919

佐野ラーメンで有名な栃木県佐野市、その佐野市にあの歴史的に有名な真田幸村所縁の場所があります。 それは、佐野市犬伏新町にある『薬師堂』で、慶長5年(1600年)天下分け目の関ケ原の合戦を目前に控えた7月21日、徳川家康について上杉討伐に向かった真田昌幸、信之、幸村父子は下野の国犬伏(現在の佐野...

>>詳細を見る

古墳のある町 壬生 その3 吾妻古墳

20180912

おもちゃのまちバンダイミュージアムのある壬生町の最南端にある吾妻古墳は、2007年から2010年の発掘調査により、栃木県内最大の前方後円墳であることが確認された古墳です。 古墳の規模は、墳丘の全長が127m、周溝を含んだ総全長は162mにもなり、石室は前方部の先端にあり、巨大な一枚石の凝灰岩と...

>>詳細を見る

壬生町の歴史の中心、壬生町城址公園

20180905

栃木県の県中央部に位置する下都賀郡壬生町の中心地に、壬生氏によって築かれた壬生城本丸址を整備した、壬生町城址公園があります。 かつての壬生城は1462年に壬生氏によって築かれましたが、城郭には天守や櫓は建てられず、比較的簡素なつくりの城でありました。 本丸には御殿があり、江戸初期には将軍...

>>詳細を見る

下野の国(栃木県)最古の神社

20180829

栃木市の市街地を離れたところに、『大神神社』と書いて『おおみわじんじゃ』と呼ばれる神社があります。 この大神神社は今から約1800年前に大和の国三輪山(みわさん)の大三輪神社のご祭神・三輪明神を分祀した神社で、下野国(栃木県)最古の神社です。 別名『八島大明神』とも呼ばれ、境内の池には八...

>>詳細を見る

3歩で3県廻れる 三県境

20180822

栃木県最南部に位置する渡良瀬遊水地、その遊水地の西岸に栃木県・群馬県・埼玉県の三県の県境が1点で交わる所があります。 これを三県境といいます。 三県境は日本全国に約40あるといわれていますが、そのほとんどが山の頂上や尾根上、もしくは川などの中にあり、歩いて三歩で廻れる“三県境”はここだけといわ...

>>詳細を見る

1 2 3 4 5 33
Museum Diary