大人も子供も大好きな栃木県を走るSL 真岡鉄道

2016.08.03

栃木県東部を南北に走る真岡鉄道は、ローカル鉄道ファンに人気の鉄道です。

通常はローカル鉄道として地元の人々の生活の足となっていますが、土曜・日曜は、いまでは大変珍しいSLが走ることで人気を呼んでいます。

運行区間は下館駅ー茂木駅で、所要時間は約1時間30分です。

1年を通じて毎週土曜日と日曜日、祝日に運行されますが、夏休みや春休み

冬休みの期間中は土日以外の日でも運行されることがあります。

牽引機関車はC12かC11で、まれにこの機関車2両が重連運転されることもあります。

客車は昔懐かしい茶色の外装で内部は木造となっていて、蒸気機関車の石炭の煙の臭いを嗅ぎながら、客車内でお弁当をたべる家族連れも多くみられます。

栃木県の田園風景を見ながらSLを楽しむ小旅行は、大人にも子供にも楽しい思い出になることでしょう。

スタッフO

Museum Diary