バンダイミュージアムの近くにあるメルヘンスポット“グリムの森”

2017.01.25

今回は、バンダイミュージアムのある壬生町の隣、下野市(旧・石橋町)のグリムの森の紹介をしたいと思います。

「グリム」と聞くと、やはりグリム童話が浮かびますよね。

まさに、その通りなのです。

かつて石橋町は、ドイツのヘッセン州(グリム兄弟が育った州)のシュタインブリュッケン村と交流があり、1975年には姉妹都市となりました。

その後、『世界に誇るグリムの里づくり』を目指して、1996年にグリムの森を完成させました。

グリム童話の世界を体験できる、建物やガーデン、そして可愛い人形などの展示があり、冬は35万球の色鮮やかなイルミネーション電球が森を彩って、ロマンチックな空間を楽しめます。

入場無料で、通日17時~19時までの開園です。

日中は、バンダイミュージアムで遊んで、夜はロマンチックな気分になれるグリムの森へ!

おすすめです!!

スタッフA

Museum Diary