名札がついている山、大小山(だいしょうやま)

2018.05.30

栃木県南部の足利市に、遠くからでも一目で名前が分かる山があります。

その名も『大小山(だいしょうやま)』といい、山頂付近の崖にこの山のシンボルと言える『大小』の文字版が掲げられており、遠くからでも一目であれが『大小山』とすぐわかります。

この山は海抜300m級の低山ではありますが、全長約5kmのハイキングコースがあります。

アップダウンが厳しく、決してあなどれませんが、眼下に渡良瀬川の清流、遠くに関東平野を眺望できる素晴らしいハイキングコースで、多くの人に親しまれています。

山頂付近の『大小』の文字版は山麓の阿夫利神社(あぶりじんじゃ)に祭られている『大天狗』『小天狗』に因んでおり、江戸時代末期に無病息災を祈願する地元の人たちによって掲げられました。

その後何度か架け替えられ、現在では一文字7m四方のステンレス製で総重量1トンのものになっています。

是非一度ハイキングに来てみてください。

スタッフO

Museum Diary