梅雨の季節は栃木のあじさい坂へ

2018.06.13

梅雨の季節を彩る花といえば紫陽花(あじさい)、その紫陽花の名所が栃木にもあります。

栃木市にある大平山自然公園内の六角堂前から随神門に至る太平山神社表参道、約1,000段の石段が続くその両側には、西洋アジサイ、額アジサイ、山アジサイなど約2500株が咲き競います。

石段はこの山で産出された石を使った『のづら積み』で、この神社の信徒の労力と寄進により造られました。

この『あじさい坂』の紫陽花の見頃は、6月中旬から7月上旬でこの時期には『とちぎあじさい祭り』も開催されます。雨の日は綺麗なあじさいの花と、濡れて黒く光る石段の見事なコントラストは、大変風情のあるものです。

のんびり眺めながら歩くと約30分ほどです。

スタッフO

Museum Diary