3歩で3県廻れる 三県境

2018.08.22

栃木県最南部に位置する渡良瀬遊水地、その遊水地の西岸に栃木県・群馬県・埼玉県の三県の県境が1点で交わる所があります。

これを三県境といいます。 三県境は日本全国に約40あるといわれていますが、そのほとんどが山の頂上や尾根上、もしくは川などの中にあり、歩いて三歩で廻れる“三県境”はここだけといわれています。

この三県境のあるところは整備されており、だれでも見学できます。

三県境の中心には金属の境標があり、それをさわると三県同時に触ったことになります。 三県境の近く、遊水地西岸の道路を車で走ると約3kmの間に北から群馬・埼玉・再度群馬・栃木・再度埼玉・茨城と目まぐるしく県が変わっていき、カーナビの声の案内が大変忙しいです。

是非一度この珍しい“三県境”を体験してみてください。

スタッフO

Museum Diary