壬生町の守り神、雄琴神社

2018.09.26

おもちゃのまちバンダイミュージアムのある栃木県壬生町、その壬生町の総氏神、総鎮守である雄琴神社は、今からおよそ920年前に天照大神、天武天皇、舎人親王を祭神として創建されたと云われています。

大きな鳥居が二つあり、そのうち第2の鳥居は銅製で稀少な造りとなっています。

毎年7月には八坂祭りが行われ、スサノオノミコトを祭神として、壬生町のメーンストリート通称蘭学通りが歩行者天国となり、神輿9台屋台10台が繰り出されます。

拝殿の脇には日光連山から流れ出る黒川の伏流水を地下50mからくみ上げている御神水が出ており、いただくことができ、この御神水をのめばパワーアップまちがいなし。

おもちゃのまちバンダイミュージアムでも毎年新年にはこの雄琴神社のお札をいただき、館内の神棚に祀っています。

 

スタッフO

Museum Diary